医療法人社団光仁会 梶川病院は、内科・外科・整形外科・人工透析・泌尿器科・リハビリなど 広島の地域に密着した医療を提供致します。

文字サイズ

医療法人社団光仁会 梶川病院

お問い合わせ082-231-1131

〒733-0022 広島市西区天満町8番7号

交通案内

病院沿革

光仁会 梶川病院 沿革

 

1902年  創設者 梶川蔵重 広島県庄原市に梶川医院(眼科、内科、小児科)開設
1937年 5月 梶川重蔵名誉院長 現在地に内科、小児科医院 開設
1980年 5月 梶川憲治院長 梶川病院 開設 本館落成 51床
1982年 9月 医療法人社団 光仁会 設立
1983年 3月 医療法人社団光仁会 梶川病院へ改称
1984年 9月 新館落成 106床に増床
1992年 2月 病床再編 100床(一般病棟60床、療養病棟40床)
1994年 4月

外来分離 コムズ天満医療グループ(メディカルクリニックモール)開設

かじかわクリニック、よねざわ整形外科クリニック、清水眼科

1995年 7月 あしたば訪問看護ステーション開設
1996年 5月 人工透析センター フェニックスクリニック開設(西区観音町)
1998年 7月 日本医療機能評価機構認定取得
1999年 9月 通所リハビリテーション「すみれ」・居宅介護支援事業所「リンデン」開設
2000年 4月 介護保険制度施行を機に介護情報システム・法人内情報グループウェアシステム導入
2000年 7月 デイサービスセンター「スイートピア」開設
2000年 10月 介護老人保健施設「こぶしの里(50床)」・「こぶしの里クリニック」開設(庄原市東城町)
2001年 2月

デイサービスセンター「スイートピア府中」開設(安芸郡府中町)

介護老人保健施設「べにまんさくの里(80床)」開設(廿日市市大野町)

2001年 3月 広島市域・廿日市大野地域・庄原市東城町の3エリアに医療介護総合事業を確立
2004年 3月 日本医療機能評価機構認定更新(Ver4)
2007年 1月 デイサービスセンター「スイートピア府中」を通所リハビリテーション「すみれ」に吸収
2007年 8月 介護老人保健施設「こぶしの里」67床に増床(庄原市東城町)
2008年 3月 オープン型MRI装置導入
2008年 10月 日本医療機能評価機構認定更新(Ver5)
2010年 8月 PACS(診断画像保存配信システム)導入
2011年 4月 病床再編89床(一般病床49床、療養病棟40床)
2012年 2月 マルチスライスCT(16列)装置導入
2012年 9月 末丸 直子 院長就任
2013年 10月 日本医療機能評価機構認定更新(3rdG:Ver1.0)
2015年 4月 梶川病院外来部門リニューアルオープン
オーダリングシステム導入(医事システム更新)
2017年 3月

デイサービスセンター「スイートピア」を通所リハビリテーション「すみれ」に吸収

2018年 10月

病床再編(地域包括ケア病棟48床・療養病棟40床)

日本医療機能評価機構認定更新(3rdG:Ver2.0 一般病院1)

2019年 4月 介護老人保健施設「べにまんさくの里」100床に増床(廿日市大野)
2019年 9月 電子カルテシステム導入

病院紹介トップに戻る

Page Top