医療法人社団光仁会 梶川病院は、内科・外科・整形外科・人工透析・泌尿器科・リハビリなど 広島の地域に密着した医療を提供致します。

文字サイズ

医療法人社団光仁会 梶川病院

受診予約 / お問い合わせ082-231-1131

〒733-0022 広島市西区天満町8番7号

交通案内

各種チーム活動

各種チーム活動のご紹介

梶川病院の各部門は、それぞれの専門性を高めるためにチーム医療にも積極的に参加しています。

医療安全対策チーム

救急蘇生研修

医療安全は、患者さんにとっても、医療機関にとっても、重要な問題です。
当院では「患者さんに、安全で最適な医療を、安心して受けていただく」ために医療安全対策に取り組み、また、そのためのチームが活動しています。

  • 医療事故を防ぐために病院全体で取り組む中の、中心となるチームです。
    「人は誰でも間違える」を前提に、組織的な対策を講じていきます。
  • 病院には様々な専門職が働いていますので、どうしても部署ごとの壁ができやすいものですが、医療安全対策チームは、組織横断的に病院全体の安全管理を行う組織と位置付けられています。
  • 組織横断とするために、様々な職種がチームに所属しています。医師、看護師はもちろんのこと、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師、臨床工学技士、事務などが参加し、協働で患者さんの安全を守る活動をしています。

コードブルー研修

医療安全院内報告会(安全大会)

栄養サポートチーム(NST)

どんな病気の患者さんも、栄養状態が悪ければなかなか治りません。逆に栄養状態が良ければ、病気の治り方も良くなります。
NSTは、栄養状態の良くない患者さんの栄養状態回復を目的として、さまざまな職種が専門的な知識を持ち寄って、食事・点滴の内容など、栄養面からサポートします。

※日本静脈経腸栄養学会認定 NST専門療法士5名

感染制御チーム(ICT)

感染制御チームは「ICT」とも言い、インフェクション(感染)、コントロール(制御)、チーム、それぞれの頭文字をつなげた略語となります。
その仕事は病院内の感染対策全般にわたり、手洗いチェックから治療薬(抗菌薬)の適正使用まで、まさに最前線でフル活動しているチームです。医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、ケアワーカー、医事など、多くの職種がこのチームに携わっています。

  • 病原体が他の患者様に伝播しやすい状態にならないように巡回を行う
  • 感染対策に関する院内研修会を行う
  • 抗菌薬の適正使用をチェックする
  • 他の病院と院内感染に関する合同会議を行う など
勉強会

糖尿病透析予防チーム

外来の糖尿病患者さんに対し、個々に合わせた目標に向けた計画・指導を行い、「糖尿病による透析導入を減らす」という目的で活動しています。
医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、医事職員が主な構成員です。

褥瘡対策チーム

チーム医療への参加

私たちは、普段眠っているとき無意識のうちに「寝返り」を打ち、同じ部位に長い時間の圧迫が加わらないようにしています。しかし、自ら寝返りができない方は、体重によって圧迫された皮膚・細胞に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなって「褥瘡(じょくそう:床ずれのこと)」ができます。全身状態・栄養状態の悪い患者さんや関節拘縮・変形の強い患者さんはもちろんですが、手術後などで自由に動くことを禁じられている場合や、使用している装具による圧迫にも注意が必要です。
私たち褥瘡対策チームは、適切な褥瘡対策を行うために、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床工学技士・理学療法士の多職種で構成されています。褥瘡のある、あるいはできる危険性の高い患者さんを対象に、治療・ケア処置方法の最適化や栄養状態の改善、クッションなどを用いた除圧ポジショニングの提供など、治療と予防に対する最良の方法と、患者さんへの安楽な姿勢の提供ができるように努めたいと考えております。

部門紹介トップに戻る

Page Top